加齢臭の人に教えてあげた方が良いのか?

このサイトを訪れてくれた方は、きっと自分の加齢臭を消したいとか、加齢臭の改善策をさがして訪れた方がほとんどだとおもいます。

では、なぜその加齢臭に気づいたのでしょうか?

多くの方はご自分で自分のシャツや下着のニオイがなんか変?って気づいた方もいることかと思いますが、きっと奥さん、彼女さんが「加齢臭?なんかニオうよ・・・」って教えてくれたって方も多いんです。

そもそも人間は自分のニオイのように毎日、自分の周囲に存在するニオイは感じさせなくしてしまう働きがあるため、他人のニオイと違って、何も感じなくなっているもんです。

ですから、奥さんや家族だったり彼女、同僚などの近い他人から指摘してくれることはホントに有難いことだとおもいますよね。
だって教えてくれなかったら加齢臭対策や加齢臭の改善なんてできるわけありませんもんね…。

ただ、周りの全員が指摘してくれるかというと、じつはほとんどの他人の方は、指摘や注意なんてできません・・・。
どうしてもニオイに関しては、日本ではデリケートな部類の問題でして、触れてはいけない話題とされているんです。

ただ、隣の席の同僚のニオイがきつくて、これ以上耐えきれない・・・、とか、どうしても改善してもらいたい場合は、指摘せざるをえません。

しかし、そんな場合は「○○さん、なんかにおうんですけど・・・」みたいに、その方自体に指摘するのではなくて、「なんかそのシャツ、汗クサくないですか?」みたいな感じで、その衣服に対して指摘する方が、スマートかつ、相手も傷つきづらいと思われますので、その辺りに注意して指摘したほうがよいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする