加齢臭とポリフェノール

ポリフェノールと聞くと皆さんはワインに含まれている、抗酸化作用のある成分と知られていますよね?

実は、ポリフェノールは加齢臭とも密接に関係しているのです。
このポリフェノールは皮脂の酸化を防ぎながら、ニオイの元を取り去るはたらきもあるのです。
つまり、酸化をふせぐ成分ですから、当然身体の外側である皮脂にたいしてもその効果があるとされています。

ポリフェノール自体がどんなものかイメージしづらいと思いますが、ポリフェノールは分子単位で網のように加齢臭の原因であるノネナールを包みこんでニオイを閉じこめてしまうということです。

今まで、その抗酸化作用から脳梗塞や心筋梗塞などを防ぐありがたい成分とされていましたが、じつは気になる加齢臭にとっても効果のある成分なんです。

最近では、さまざまなポリフェノールを配合した石鹸も販売されていますので、今度石鹸を選ぶ際はポリフェノールを配合しているかもチェックしてみると、一つの基準になりますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする